まだ仕事を始めたばかりの若いエンジニアは、出世するために意欲を持って仕事に取り組んでいます。
そうした努力を経て責任ある仕事に付き、やがて定年間近になると、仕事に対するモチベーションを失いがちです。
しかし、仕事を引き受ける以上は、与えられた仕事を確実にこなしていく必要があります。

定年近くになっても、仕事に対するやる気を出すには、新しいことに挑戦してみることもきっかけです。
java言語の習得がまだであるならば、新たにこのプログラム言語の学習にチャレンジしてみることも方法としてあります。
javaには、従来のプログラム言語の改善点を多数盛り込んであるため、学習を通じてプログラム言語の新しい変化を感じることができます。

確かに、定年間近となっては、必ずしも仕事のために新しいプログラム言語を習得する必要はありません。
それでも、新しいことに挑戦し続ける姿勢を持つ事は、エンジニアにとっていくつになっても必要な心構えです。
ましてや、ソフトウェア開発などでスキルアップに挑戦してきたエンジニアであれば、年齢に関係なく新しいことを学び続けるべきです。

またあるいは、定年後に新たに独立したり、あるいは他の開発会社に勤めて、第二のソフトウェア開発技術者としてのステップを踏むことも選択肢としてあります。まずは、定年までの今与えられる仕事をこなしていくため、java学習を通じて意欲を維持し続けていく点が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です